プロジェクトは以下の7段階により構成

フェーズ1:事前調査と基本設計

収集したデータの分析、プログラムの建築・技術的要件に応じたインテリア設計の決定、基本設計(主要図面:縮尺2cm/m、資材選定のご提案、スケッチ作成、色調イメージを含む)の構築。

フェーズ2:最終設計

基本設計をベースに、機能、形態、クオリティなどプロジェクトの全体について決定。
最終設計には、基本設計図書の修正、全体配置図、主要断面図・立面図(縮尺2cm/m)、全体配置に応じた配電図などが含まれます。

フェーズ3:施行基本図面の作成

平面図、断面図、立面図(縮尺5cm/m)、詳細図書、略式設計明細書、説明書の作成。

フェーズ4:施工業者向け入札図書の作成

入札図書には、施工業者が提供すべきサービスの内容、品質および範囲について定めた、あらゆる説明資料および図面が含まれます。

フェーズ5:施行契約サポート

各施工業者から提出された図書の審査など契約締結に関わる補助業務、および採用された各請負業者の提案内容の調整。

フェーズ6:施工監理

契約書に定める各条項の遵守を目的とした請負業者向けガイドラインの確認、現場での会議、工事の進捗状況の定期報告。

フェーズ7:引き渡しおよび明細計算

引き渡し、異議申し立て(ある場合)、引き渡し調書作成、各施工業者の計算書および明細書の確認に際しての補助業務。

Méthodologie - Architecture d'interieur 施工例::
Parisian apartment
Méthodologie - Architecture d'interieur 施工例::
Imperial Hotel - Tokyo